まだまだ現段階では新しい技術のレーシック

まだまだ現段階では新しい技術のレーシック


まだまだ現段階では新しい技術のレーシック
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




まだまだ現段階では新しい技術のレーシックブログ:06-7-21

「彼女との久しぶりのデートまでに痩せたい」
そんな女心っていじらしいですよね。

しかし急激な減量は禁物!
短い期間でやせればやせるほど、リバウンドする可能性が高くなりますし、
過激な減量の大半は不健康なものです。

やせたとしても身体を壊したり、
最悪の場合、拒食症や過食症になってしまうリスクもあるのです。

それでも短期間で痩せたいという人は
週末だけ食事量を減らしたり、
カロリーの少ない食事に変えたりしてみると効果的かもしれません。

特に1日の中で、
食事量が多くてカロリーも多くなる夕方食を減らすことは、
常識と言っても良いでしょう。

食べた後あまり活動しない夕方食は少なめにしても、
身体にかかる負担は少なくて済みます。

逆に、1日の始まりの10時食は、
しっかり食べてもの1日中で消費することができますよね。

ただ、食事量を減らすということは
必然的に栄養が不足することにもなります。

完全に断食して減量する人がいますが、
それは絶対にしないほうがいいです。
ストレスで肌や胃腸を壊すことになる可能性があります。

減量の本来の意味は
食べることによって健康を保つという意味なのです。

どんなに痩せていてスタイルが良くても、
健康でなければ美しいとは言えませんよね。

急な減量も
普段の地道な努力があるからこそできることです。

日頃から適度な体操を心がけていれば
急に減量をする必要もないわけですから…

特に女性なら
いつでもキレイな自分が見せられるように、
美しい身体づくりを習慣づけたいですよね。

まだまだ現段階では新しい技術のレーシック

まだまだ現段階では新しい技術のレーシック

★メニュー

まだまだ現段階では新しい技術のレーシック
レーシックはどのよう手術が行われるのか
レーシックの安全性はとっても高い
クリニックのサポート体制に注目して選ぼう
日帰りで完了させることの出来るレーシック手術
レーシック治療のドクターの実績数は要チェック
これからは眼鏡無しで裸眼で快適に生活
割引制度をしっかりと活用してレーシック手術
手術なので100%の成功とはいえません
事前にレーシックで使用可能な給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が現実になる視力をレーシックで回復